宇治での子育てを楽しく

昔ながらのおんぶひも(北極しろくま堂)

  • HOME »
  • 昔ながらのおんぶひも(北極しろくま堂)

日本の歴史の中では、現在70歳前後の方が子育てをされていたときに使われていたおんぶひもがこのタイプです。(その少し前は兵児帯やひもだけでした)おんぶひも
※だっこひもの流行は、山口百恵さんの赤ちゃんを産んで退院されたときらしいです・・・
日本人は、おんぶで畑の仕事をし、家事をしていたのです。
世界中探しても、このように高い位置でのおんぶをしているのは日本の他、あまり見かけません。(エスキモーの方はこの位置だったと思う)たぶん、骨格の関係だろいうということ。アフリカの方たちなどは、お尻にのせる感じでおんぶされていますね・・・あと、着物を着ていたので、帯の上にのる感じ?
日本人の赤ちゃんは、背中から学び、背中で感じ、背中で社会とつながっていました。ママも背中で赤ちゃんの心や身体を感じることが徐々にできるようになり、やがては離れていくわが子ですが、”感じる力“によってつながる力になります。しがみつく力、空間把握能力なども育ちます。ママの両手も空いて、家事もはかどり一石二鳥。
前の“ばってん”が気になる方は、家の中での家事のときだけ使うとか、ショールなどを羽織って外に出られたらどうでしょうか?
おんぶの仕方のサポートもいたします。
当会店舗にて北極しろくま堂“昔ながらのおんぶひも”の試着および販売しています。各種色・柄豊富に取り揃えています。
おんぶで子育てを楽しみませんか?
【対象年齢】首が据わった頃~
※首を支えるパーツをつけた場合、背あては取り外しができます。

北極しろくま堂のおんぶひもはサロン「楽」100BAN店及びサロン「楽」宇治弐番店にて試着ご購入できます。
・NPO法人子育てを楽しむ会/サロン「楽」100BAN店 地図

北極しろくま堂昔ながらのおんぶひもに関するサポートはこちら

お気軽にお問合せください。 TEL 0774-44-2809 受付時間10:00-15:00(火・木)

PAGETOP
Copyright © NPO法人子育てを楽しむ会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.