宇治での子育てを楽しく

「楽」もっこの販売をはじめました

  • HOME »
  • 「楽」もっこの販売をはじめました

<もっことは>

持ち籠(もちこ)という言葉の音便だそうで、物を運ぶときに道具のことを言うようです。熊本の天草地域の一部で使われていたおんぶひものことを「もっこ」というようになり、近年、新しい感覚でリニューアルされ各地ではやっています。

 

<当会の「楽」もっこの特徴>

赤ちゃんの肌に直接触れる部分の布にこだわりました。

使っている布→和紡布(益久染織研究所のオリジナルオーガニックコットン)

http://ww w.mashisa.com/)の和紡布(厚手)を使っています。

風合いが柔らかく吸水性に優れているのが特徴で、赤ちゃんの肌には最適です。

 

<ひもは北極しろくま堂の一本帯を使用>

スリングや昔ながらのおんぶひもで有名な、北極しろくま堂のオリジナル一本帯を使っています。ソフトなデニムなので、丈夫で、いろいろな色に合います。

※おんぶに適したひもをお持ちの方はそれをお使い下さい。オプション販売です。

 

<あなただけのオリジナルが作れます>

赤ちゃんの肌に触れる部分は和紡布ですが、もう一枚布を縫い合わせます。それが、柄になります。この部分は、ご自分の好きな布を持ち込んでいただくことが可能です。

※ただしもっことしての利用に合う合わないがあるので、相談の上お引き受けします。

 

<いろいろな使い方ができます>

一本帯と、背なかを包む布は、セパレートに使えます。暑いときは一本帯だけでのおんぶもでき、また、背中を包む布は、赤ちゃんのブランケットにもなります。

 価格備考
一本帯2700円北極しろくま堂の商品 オプション販売
背もたれ部分5000円和紡布と、縫製費用
首サポート1000円首周りのサポートが必要な場合のみオプション販売
しじらの布1000円当会で作っているしじらと同じ布 日本製
かわいい布1500円オーガニックコットン ドイツ製ウエストファーレンという、特別な布です

購入例)一本帯2700円+背もたれ部分5000円+持ち込み布(首のサポートが心配な場合のみ、首サポート→タオルなどでも対応可能です)+必要な場合は送料500円程度

詳しくはお問合せください。

mokko

お気軽にお問合せください。 TEL 0774-44-2809 受付時間10:00-15:00(火・木)

PAGETOP
Copyright © NPO法人子育てを楽しむ会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.